優れた抗生物質|淋病&クラミジアにはコレ!抗生物質ジスロマックの紹介

優れた抗生物質

blister packs with red capsules

抗生物質は、前世紀にペニシリンが発見されてから矢継ぎ早にさまざまなものが発見され、医薬品として製品化されていきました。
ペニシリンは、その頃まで難病のひとつとされ、ひたすら栄養のあるモノを食べさせて静養させて症状を抑えるしか対処方法がなかった「結核」に対して、めざましい効果を発揮したことで世界中に衝撃を与えました。ペニシリンが体内の結核菌を死滅させたおかげで、患者さんは健康を取り戻すことができたのです。その後、破傷風などの治療にも効果を発揮したペニシリンですが、現在ではあまり使われることはありません。なぜならそれよりもっと効果的な抗生物質の数々が発見されているためです。ジスロマックはそんな抗生物質のひとつであり、さまざまな病気に対して効果があるスグレモノとされています。

ジスロマックは、今では淋病、クラミジアなどの性病をたちどころに治療してしまう「性病の薬」として知られていますが、その用途はさまざまで、実は性病科、泌尿器科だけでなくさまざまな医科で処方薬となっています。
たとえば内科では、肺炎の治療薬のひとつとして活躍しています。肺に炎症が起こるこの病気は、よく「風邪をこじらせた結果かかる病気」として知られていますが、ジスロマックを飲むことで炎症を抑え、治療することができます。
さらに歯科では、歯と歯茎の間にたまって固まった歯石が原因で引き起こされる歯周病を治療するときにも使われます。歯周病菌を死滅させることで、治療に寄与するわけです。
と、このようにさまざまな用途がある薬なのです!